■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク264日目
●2006年12月3日(sun)





「図書館」ねえ。
私がタマサート大学のライブラリーについてその詳細を報告した記事を読んだ人なら、その実態についてよくご存知でしょう。まあ、タイ語を読めない人に図書館の情報が必要だとは思えないが。
ただひとつ私が知っているのは、日本大使館の近くだったかおなじ建物内だったかに、日本語の書籍をある程度そろえた図書館らしきものがあるらしい、という話くらい。
ただその大使館も、移転しましたから図書館とおぼしき施設も無事で済んだかどうか、怪しいもんです。
まあ、年内には日本から持ち寄った蔵書があらかた片付きそうなので、その未確認日本人向け施設の実態調査に乗り出すのもわるくはないが、それが実現するのは(蔵書の在庫状況からして)来年以降の話になるでしょう。(実施するかどうかも怪しいものだが)
いっときますが、このブログはお役立ち情報を提供する類のもんじゃありませんから、情報の正確性、実用性、信憑性に現実性、その他諸々の事情について保障しません。信用するもしないも自己責任でお願いしますよ。今までもこれからも。
ま、なんだか株式のブログに書くお決まりの文句のようになりましたが、タイの旅行に役立つ情報、タイの在住に役立つ情報を提供しようという気もありませんので、それらの情報提供は他のサイトに譲ります。
とはいえ、ここまで書いたことといえば、このブログを読めば、たちどころにわかるようなことばかり。ただし、飲み込みのわるい読者層にはわかりやすくこれでもかというくらい噛み砕いてやらないと、消化という遠い道のりの途中でなにかの間違いが起こり、肝心の脳まで到達しない、なんて、とんだ消化不良を起こしかねませんから、わざわざこうして取り上げているわけです。
そうですな、親鳥と雛鳥にたとえるとしましょう。タイ情報を求めてあけて鳴く口に親鳥がそれを放り込むまで待っているとする。しかし、いつまで経ってもそのお目当てはもらえず、欲求不満になって、親鳥に不満をもつようになる。こんなかんじです。
自分の求めているものを相手が与えてくれないからといって、文句をいうのはわかるが、相手が自分の求めるものを与えてくれるかどうかよく見極めずに、それを与えてくれるのを待つのはナンセンスで愚かな話だと思いませんか。で、実態はというと相手は自分の求めている情報を与えてくれないというのに、それをいつまでも待っている人がいる。
今回はとくに、私のブログ(親鳥)と読者(雛鳥)との関係を模して話しましたが、これは色々なことに応用できる話でしてね。
恋人と自分の関係、会社と自分の関係、友達と自分の関係、などなど。相手に何かを求めるのであれば、それを相手が与えてくれるのが前提でしょう。間違った相手に求めると、それを求める執着心が強いほど自分はおろか、相手も不幸にさせてしまうというわけです。
さて、相手が誰だかも分からないネット上で、そんな人たちに役立つ情報を親身に提供する、なんて活動を、私は他のブログやホームページにお任せしているのは既述の通り。
私はそれよりも、概念や思考に興味があるものでね。いや、それよりも肉類のなかの最高級品である「皮肉」に対する興味の方が強いかな。
それに、情報提供だけしていたら、情報を得た者(つまり読者)だけが利益を享受して、提供を提供した者(つまり著者)は徒労に終わるだけの関係に終始する。これは私の気に食わない。
しかしながら、このブログもそんな不純な関係がまったく成り立っていないわけではなくて、ここから情報を得る者もいるでしょう。ただ、ゴキブリホイホイをいくら設置しても、すべてのゴキブリを殲滅することなど不可能です。ま、多少の取りこぼしがあったとて、かまわんでしょう。
なぜって? そりゃ、気に食わないといっても、不愉快度指数に換算すれば一パーセント程度。私の広い心にとっちゃごく微小な揺れにすぎないんだから。
スポンサード リンク
■本日の支出(タイの物価・バンコクの物価)
・パットパックブンムークロープピッセード(屋台/ラムブトリー通り) 90円
・オレンジジュース(屋台/ラムブトリー通り) 30円
・フライドチキンピタ(屋台/カオサン通り) 117円
・パッタイ(移動式屋台/ラムブトリー通り) 45円
・ビール缶(タンファセン/チャクラポン通り) 63円
・フルーツ杏仁豆腐(セブンイレブン/カオサン通り) 60円
合計:405円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-12-04(Mon) 19:35:20】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

ありがとうございました。
もし私がバンコクで長期滞在するとしたら、図書館でタイ語の勉強をし、市場等で実践する日々をおくるような気がします。
あとヤムウンセンが好物なので、現地でたくさん食べ研究し、自分でも作れるようになりたいと思います。
2006-12-06 水 08:01:17 | URL | 読者 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。