■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク187日目
●2006年7月27日(thu)





まず、質問が多かった以前の記事について、この場で補足させてください。
私がよく利用している美容院の名前は「JOY HAIR CUT」、場所はビエンタイホテルのある通り沿い、ホテルの向かい側にあります。ホテルを背に見たとき、右手の大通りに近いところです。

さて、今日の記事について話を進めましょう。
タイ人の中には日本のことを驚くほどよく知っている人がいて、私はぎょっとすることがある。
日本のことをただ知っているというだけじゃ、それほど驚きゃしませんが、正確に、しかも率直に自国について不意に語られると、そりゃびっくり仰天するもんです。
よく覚えているのは、「日本人はクレイジーだ」という一言から始まった、日本人の友達の話。
「彼(もしくは彼女)は、9時から23時まで働いて、通勤に往復1時間かけている。」
日本人にはよくあること。しかし、これについて、客観的に考えてみると、なるほど、確かに正気じゃない。タイ人がこのような待遇を受けたら、即刻会社を辞めます。
私は、この状況が当たり前で通っている日本を離れて今、バンコクにいますが、自分が次々と変わるのを実感できるようになって、とても毎日充実してますよ。
ところで、バンコクに長期滞在している日本人(とくに、職を持たない者)の多くは、暇して堕落しているという話をよく聞きます。
しかし私はどういうわけか、そうはならなかった。私は他の日本人とは一味違って、バンコクですることを決めてきたから、暇している暇なんか、あるわけがない。それで、怠惰とは程遠い領域でバンコクライフを明朗会計、キャッシュの支払いのみで済ませているというわけです。
ネットで株式売買、このブログの執筆、アーティストのファンサイト製作。この他に、バドミントンや水泳、サッカーなど、運動実技を絡めて、バーで一杯やる程度のお酒のたしなみと読書の渋味を「お料理番組」ばりに少々加えると、私のような一味違う、充実した生活のできあがりです。
味はともかく、実はこの「充実」がポイントでしてね。たとえばインターネットを介した活動はいつだって真剣勝負。なぜって収入に直結する活動ですから、こっちも必死です。それで、どうすればもっと稼げるか、常々頭をひねって考える習慣がついちまいましてね。「あの人はひねりすぎなんじゃないか」なんて人が心配するくらいよくやるんです。
しかも、これらの活動はすべて自ら進んで、好きでやっていること。
脳みその足りない上司の、的外れな指示にせっせと従うなんて、私のプライドが許さない。だから、今はとっても快適です。
「好きなことを心ゆくまでやるといい。人がなんといおうとも。」
まさにその通り。おとなのおとぎ話から私がこうして読み取ったテーマは、実際私の役に立ちましたよ。
「クレイジーな日本人」からだいぶ話はそれましたが、真面目社会、真面目大国「日本」の手厳しい環境ではなく、私がバンコクを選んだ理由は、「不真面目だ」という批判を避けるためなんですな。
そんなこと、いう人にとってもいわれる私にとっても不愉快なことじゃないですか。お互いのためにも、そうした不幸は避けるに越したことはない。
こう見えても私は思いやりの深い、平和主義の人間でしてね。
ただ、これだけははっきりいっときます。好きなことをしているだけで「不真面目だ」とか「堕落している」なんていわれる環境には、我が母国ながら身震いせずにゃおれませんよ。
なにしろ、宗教よりも真面目を信奉する人民が住む、世界的にも珍しいお国ですから。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食(ミスターワッタナーラーメン大盛) 45円
[食]露店のオレンジジュース(100%、約180ml) 30円
[外]屋台の昼食 90円
[食]屋台のアイスコーヒー×2 60円
[外]露店の夕食 90円
[食]露店のオレンジジュース(100%、約280ml) 45円
合計:360円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-07-28(Fri) 18:45:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。