■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク1日目
●2006年1月14日(sat)





私が初めてバンコクを訪れてからというもの、実に5年経っていました。しかも前回の訪泰は陸路、ラオスからの入国だったので、空港から飛行機で入国したのは初めて。
それに、海外旅行をしたのも5年前が最後だったので、出国から入国までの手続きもしばらくご無沙汰だったんです。それでもエアインディアという難関を何事もなかったかのようにスマートにやり過ごし、路線バスの乗り場を見つけるのに難儀しながら、とにかくマーブンクロンセンターの近くまで、バックパッカー姿で(紳士の私には似合わない格好だったから早く普段着に着替えたかったのはいうまでもありません)やってきました。
まず感じたのは、「匂う」「暑い」(日本は1月だから当然です)。それと、バンコクでこれから過ごす生活への期待でした。
あと、空港から路線バスで移動する旅行者の少なさ。正確には私以外、全員エアポートバスかタクシーだった。そして、バスの乗客は私以外、全員タイ人だけだった。
しかしローカル気分を味わう、真に外国を体感する、こんな旅をしたと胸張っていうためには、地元の連中に混じるのが一番。この頃はとくに資金が潤沢だったので、タクシーでもよかったんですが、つまらないことといったら一休品の乗り物だから、これをとくに避けた、とこういうわけなんです。
路線バスの乗り降りは非常にスムーズで、運転手と乗客の様子、少し高い位置から見下ろすバンコクの様子、バスを待つ乗客の様子を眺めながら有意義な時間を過ごしましたが、空港のバス停探しの後の宿探しがまた、難儀だったのなんの!
ガイドブックのよさそうな宿はすべて満室。BTSスカイトレインに乗ったのもこれが初めてでした。むろん、宿探しのための移動手段として利用したもんです。
それで、BTS沿線の宿をとるのは不可能と判断して、カオサン通りのゲストハウス「CH2」にようやく部屋をとれた時にはもう、お先真っ暗な気持ちになりましてね。
そりゃそうでしょう、なにしろ日本人の一般的な感覚からすれば「これはないだろう」というくらいボロくて素っ気無い部屋だったんですから。それに、とてつもない重荷抱えてお祭り気分でにぎわうカオサン通りを歩き回るほど残念な気分になるものはありませんからな。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[交]バスの利用(バンコク国際空港→MBK前) 270円
[交]BTSの利用(ナショナルスタジアム→ナナ) 60円
[外]食堂の夕食(カオマンガイ) 90円
[交]トゥクトゥクの利用(伊勢丹前→カオサン通り) 300円
[食]屋台の昼食(フライドポークの野菜炒めかけご飯×2) 150円
[住]宿泊(ゲストハウスシングル1泊) 450円
[食]ミネラルウォーター(600ml) 15円
合計:1,185円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-08-05(Sat) 22:19:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。