■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク7日目
●2006年1月20日(fri)





バンコクにきて、タイ料理に閉口する日本人もいるようですが、私にとっちゃどうってことありませんでした。
というのも、前者がおいしい屋台を知らない人、後者がおいしい屋台を知っている人──この差が明暗を分けるといって差し支えないからなんですな。
訪泰当初、私は安くておいしい食事を重要なテーマのひとつとして掲げていましたから、がぜん私は屋台ににこだわりました。私の事前調査では、バンコクは安く外食ができる国のひとつでしたが、「安くておいしい」店については一切知りませんでした。
だから、前日会った日本人が通うという店が、まさに私の理想にぴったり叶う条件をそろえていたのは、私にとってまさに願ったり叶ったりでした。
こうして、私の屋台ライフを一言で表現すれば「滑り出し好調」。これ以外の言い回しは思いつかない程だった。
それなりの料金を払って、それなりの料理がでてくるのは、当然です。一方、払う方が心苦しくなるくらいの料金で、それなりの料金を払ったのとおなじレベルの料理がでてきるのは、感動です。食を大切に考える私の哲学からしちゃ、ただおいしいというだけじゃ物足りない。私がちょっとしたスパイスを求めるのは、そういうわけなんです。
ところで、口コミで私が知り得た屋台は、「お米がおいしい」「野菜が新鮮」「食肉の安全性高い」「店の人がいい」「安い」「客が耐えない」などなど、いい点を数え上げればきりがないほどの優良店でしてね。「もしかすると、この屋台よりもレベルの高い店がバンコクにはあるかもしれない」なんて浮気心をくすぐられたもんです。
そうはいっても、後にも先にも、この屋台に勝るとも劣らないなんて屋台は他にないことにはっきりと気づくわけですが、バンコクに星の数ほどある屋台の、クオリティを推し量るのは難しい時期でした。なんせ、まだ滞在期間、1週間足らずだったんですから。よりよいお店に期待を膨らませるのは、当然のことといえる。
この頃は、バンコクいちのショッピングスポット「サイアム」に足繁く通い、大学生を中心とした若者が集う「サイアムスクウェア」にも熱を上げていました。立派な紳士にありがちな、大人の雰囲気を漂わせながらも、私の気持ちは若々しいんです。学生?なんてしょっちゅういわれるのがその証です。なに、うそ臭い?
ま、どう思おうがあんたの勝手ですがね。そんな邪推は実物を見てからにしてください。その度胸があればの話だが。
最後に、この日はトゥクトゥクの運転手と一悶着、あったんですよ。
私がなかなかこない路線バスを0時過ぎのスクンビットで待っていると、対向車線でたむろしていたドライバーが乗りつけてきて私にいいました。
「トゥクトゥクに乗らないか?」
「断る」
「どこへいく?」
「トンローだ」
「トンロー?遠いなあ。300バーツでどうだ?」
「タクシーなら70バーツでいける距離を、どうして300バーツでいかなきゃならんのだ」
「…なら、5バーツでここ、つれていってやるよ」
そういって運転手はキャバレーかクラブか、まあとにかくそういう店のビラを見せました。
「いくら近くても5バーツってことはないだろう。この店からあんた、いくらもらってるんだ?」
「…100バーツ」
「100バーツぽっち?」
「…わかった、トンローまで50バーツでいってやるよ」
彼がそういうと、ちょうど目的のバスがきました。
単純な話、私は知りたい情報を得て、暇つぶしもできた代わりに彼は、商売しそこねちまった、それだけのことなんですがね。楽しめましたよ。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[食]屋台の朝食(ビエンタイホテル前:豚炒飯) 75円
[住]ゲストハウスのシングルルーム1泊(NAT2) 360円
[食]屋台のパイナップル(小振り1/2個すぐ食べられるもの) 30円
[食]ミネラルウォーター600ml 15円
[交]バスの利用4回 40円
[食]マンゴーシェイク(マンゴータンゴーサイアムスクウェア店) 165円
[食]シュガートースト(MBK2F、モンノムソット) 45円
[食]屋台の夕食(ムーサテ・ルートロット:豚串焼き5本) 45円
[外]屋台の夕食(ジョーク・ジャオガオ:おかゆ) 75円
[食]屋台の夕食(カオニャオマムアン・ジャオガオ:マンゴーの切り身ともち米のデザート) 180円
合計:1,375円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-08-14(Mon) 23:40:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。