■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク199日目
●2006年9月26日(tue)





さて、今日はカオサン通りのスーパーマーケット(デパートの噂もあるが)、タンファセン特集の二回目。
ところで、タンファセンのインスタント・ラーメンコーナーで足をとめたのが、この企画を思いついたきっかけでしてね。
私が今よりもさらに若かった5年前には、日清のカップヌードル(チキン味)があったんですが、これが近所のセブンイレブンにないんです。香港のセブンイレブンにもあった代物でしたから、アジア市場で質の高いヌードルを当時は売り出していたんでしょう。せっかくいいお味だったのに、なぜなんだと私は強い憤りを覚えました。
それが、味も日本で食べる即席ラーメンと遜色ないもので、とくに寵愛していましたから、それが今手に入らないと分かると、私は脱臼するかと思うほど肩を落としちまいましてね。さらに不運なことに、やっと見つけた日清を口にしてみると、なんと、味が落ちてるんです。
今度は脱臼どころか、骨折かと聞き間違えるほど、肩がポキリと鳴りましてね。それほど肩を落とした、つまり落胆したということなんです。
話は変わりますが、日本でおなじみの既製品をタイで求めると、おなじポッキーでも味が劣っていたりする。決してできそこないのニセモノだってわけじゃないんですよ。合法的な身元製造元、きっと日本企業が絡んでいる、そう思うんですが、どういうわけかぜんぶイマイチ。どれも日本同等のクオリティには至らないんです。
ま、メイドインジャパンの質が思いのほかいいことに日本国内ではなかなか気づくに至らないってことなんでしょうが、どうも納得がいかないんですよ、ことにカップラーメンについては。(業界ではカップ麺というらしいが)
だって5年前にお世話になったあの、幻の、カップヌードル・チキン味はまさしくジャパニーズクオリティだったんですからな。つまり、日本並みの製品を扱っていた実績が、ここバンコクにはあるんですよ。私にとっちゃ、今の状況がすぐには受け容れがたいことだということは、良識のある一部の読者の方ならご同情いただけるでしょう。
それで、棚に並んだ一通りの麺を試してやろうという気が起こりましてね(さすがにお鍋はないからカップ限定になりますが)。
それで、どうせならいっそのことカップ麺だけ、なんて小さいこといわずに、タンファセンをブログの話題として槍玉にあげてやろうと、いうのがことの発端です。
今日の写真は、タンファセンのロゴマーク(T)と、私お気に入りのスナック「ローラーコースター ポテトリング」です。この日は大袋にクッキーのおまけがついていたので迷わず求めました。
このシリーズで私が目撃したのは、タンファセンで最近見かけなくなったプリングルスばりの缶入りのもの、今日買った中型袋のもの、セブンで最近見かけなくなった小型袋のものの3種類。タイの会社の製品ですが、これは日本製以上においしい代物です。
3つの中で缶入りの特大サイズが私のお気に入りなんですが、ついに扱いをやめてしまったようです。タイの有名スーパー「ビッグC」なら扱っているかもしれませんが、わざわざ遠出をして買いにいくほどでもありませんな。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[食]屋台の朝食(揚げ豚の野菜炒めかけご飯) 75円
[食]屋台のオレンジジュース(100%、約200ml) 30円
[食]屋台の夕食(キャベツの野菜炒めと挽肉とハーブ炒めかけご飯) 75円
[食]スーパーのスナック(タンファセン) 57円
[住]ゲストハウスのシングルルーム(4泊) 1,680円
合計:1,917円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-09-27(Wed) 17:44:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。