■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク208日目
●2006年10月5日(thu)





古きよき日本、といえばイチゴショート。きょうはまず、そんなケーキの話から。
イチゴショートがいまだに現役バリバリの、ケーキ界でいうところのエースだという時代遅れの認識が、あんたの頭の中身なんでしょうが、昨今の奇をてらった、定番外ケーキの台頭を見なさい、もうイチゴショートはその役目を終えた、というのが常識的な私にとっちゃ、これがごくあたりまえの認識でね。
むろん、上品な甘さ控えめの生クリームたっぷり、スポンジケーキの密度も程よく、ぷりっとした真っ赤なストロベリーが「ちょこん」と、てっぺんにのっかっている、さもおいしそうなショートちゃんに、一抹の寂しさ、というか後ろ髪惹かれる想いはあります。
私の大好物ですからな。むろん、女子ではなくてケーキの話。日本人にとっちゃイチゴショートは身近なものですよね。ケーキコーナーの定番ですから。しかし、バンコク庶民にとっちゃ、イチゴはもちろんのこと(北部じゃよく採れるそうだが)、イチゴショートも、いや、そもそもケーキ自体とあまり親しくない間柄でしてね。
彼らの身近なスイーツといえば、フルーツ、アイスクリーム、清涼飲料水、タイの伝統的なお菓子であって、和菓子やチョコレート、ガムやケーキなどではないんですな。
そうはいっても、欧米化の流れにバンコクもかなり流されていて、小洒落たカフェにはきまってケーキのショーケースがある。私が根城にしているカオサン通り周辺では、冷房が寒いくらいのおしゃれカフェ「コーヒーアンドモア」が一番でしょう。品揃えの豊富と間違いのない品質、このエリアでケーキをいただくにはもってこいの喫茶です。
ただ、場所が分かりづらい。ちょっと奥まった場所にあって、カオサン通り周辺で聞き込みを実施しても、案内できる人はいないでしょう。ま、ちょっとした穴場なんですよ。
私がこの店を知ったのは、左で紹介しているガイドブック「歩くバンコク」がきっかけでしてね。さすが、バンコクで邦人向けのフリーペーパーを月2回発行しているDACOの仕業です。情報に現実味と信頼性があるんですな。
あと、ケーキといえば度々取り上げているスーパーマーケット「タンファセン」でも入口で売ってます。(買っている人を見たことはないが。)ただし、今回ご紹介したお店では残念、そして遺憾ながら、イチゴショートは扱ってません。ま、伊勢丹や邦人向けのスーパーマーケットなんかには、当たり前のように置いてあるんでしょうが。
ところで、考えてみると、私たちは日々色々な物事に手を出してみてはいるけれども、真のお気に入りと呼べるようなものというのは、それほど多くないことに気がつくと思うんですな。
私はこの前日、悪くはない、いや場所と状況を考えればごく上等のケーキを食べて思ったんですよ。日本の、あの店のイチゴショートは実に美味であったなあ、と。
こうして、余計なものに手を出すことによって、回り道ながらも自分にとって本当に価値あるものに気づく、とこういうことに気づいたわけなんです。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
・バミーナームピッセード(屋台/ミスターワッタナーラーメン) 45円
・オレンジジュース100%・約200ml(露店/理容室前) 30円
・鶏肉の野菜炒めかけご飯(屋台/ビエンタイホテル前) 90円
・パイナップル1/2(移動式屋台/ビエンタイホテル前) 30円
・カオマンガイ(屋台/チャクラポン通り) 75円
・バナナロティ(移動式屋台/ラムブトリー通り) 45円
合計:315円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-10-06(Fri) 16:32:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。