■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク209日目
●2006年10月6日(fri)





しばらくご無沙汰していたミスターワッタナーのラーメン屋。
バミーとは日本でいうスタンダードな中華麺のことで、ナームは水、ピッセードは大盛りのこと。バミー・ナーム・ピッセード──つまり、中華麺を汁といっしょにいただく。しかも大盛りで。これがいつも私がオーダーするときにご主人に伝えるお言葉。
ちなみに、ワンタンはギョウというらしいが、ギョウザと間違えそうな名前のこれは、私の趣味じゃない。
数日前、本当に久しぶりだなあと思いながら遅めの朝食をとりに足を向けてみると、帰国前までいたスタッフのひとりがいなくなって、不慣れなおばちゃんがその代わりを勤めていたんです。
バンコクじゃ飲食店の店員がコロコロ替わるのが日常的なことだから、まあいいか、なんて気楽に構えていたんですな。私は非常に前向きな、楽観主義者でしてね。
しかし、どうも様子がおかしい。ちょうど客も多く、テイクアウトの大量注文が入っていたようで、ワッタナー氏の動きがいつもの5倍に加速していたんです。どんぶりとビニール袋の中身を満たす作業に緩慢さは見られず、さすが達人だと感心したものですが、表情にはまったく余裕がない。つまり、明らかに焦っているんです。
彼はガタイはよくても、真面目な正直人間だから(顔を見れば一目で分かります)、一生懸命にオーダーに応えようと必死になったんですな。それで、私のオーダーを確認しなおしたりしていた。常連の私の注文を忘れるなんて、ちょっと、信じられませんでしたがそれほど、客の要望は彼の許容範囲を超えていたんです。手馴れたスタッフの欠けた、ベストメンバーではない状況でしたから、無理もありません。
そんな様子だから、いつもの味は期待できませんでしたし、実際その通りでした。
私は状況を見てとり、氏の置かれた境遇に同情しました。
むろん、急がなきゃならない数だったんでしょう。しかしそれでも彼はミスなくそつなく数こなしていたし、問題はなかったんですよ。しかし彼は余裕を失ってしまったんですな。
ワッタナー氏の頼りだった、無口で真面目そうな中国系タイ人だが、細身で体力的に頼りない感じのするおっさんが欠けたことによって、それまでうまくいっていた環境が変わってしまった。
どんなに忙しくても、絶えなかった笑顔が消えてしまったんですよ。私にゃ味の低下よりも、なによりそれが残念でしてね。
まあ、おっさんに微笑まれても気持ち悪いだけのものですが、「ワッタナーくん、そんなに焦るなよ。きみはこんな状況でも、いつもどおり立派にやってるじゃないか。余裕でいこうよ、余裕で。」というくらいはいってやりたいもの。「いつもどおり」の言葉には誇張というか、嘘も方便というか、そんなニュアンスが込められているのは否定しないが。
彼と同じ状況におかれた日本人なら、同じように焦るでしょうな。しかしタイ人なら、まったく動じない。現に、彼と一緒に働いている奥さんの様子ときたら、夫とはまさに対照的。普段どおり無愛想でしたよ。
こんな状況では落ち着くことが重要だと思いますがね。それも、「注文は多い、スタッフも一人不慣れだ。でも私はきちんと、しかも高速に仕事を遂行している。」なんて前向きな考え方でね。
あとはこんなのも。「オーダーの数、スタッフの質がどうあれ私は普段どおり仕事をするだけ。どちらも現状は仕方のないこと。」
タイ人はどちらかといえば、後者の考え方で落ち着くものと思われても仕方ないでしょうな。いや、それがわるいといっているわけじゃない。そう受取れるようにしか見えないといっているんです。
ま、落ち着く手段こそ違えど、どちらも結果的に落ち着いていることに、変わりはないわけだから。ただ、お客としては「混んでるのに、なんだその落ち着きようは。もうちょっと急いでくれヨ!」なんて憤慨する日本人もいるでしょうな。
私?むろん私はそんな短気、起こしたりしませんよ。発作的に短気を起こす人がいますが、ありゃ病気です。百害あって一利なしとはまさにこのこと。周りを驚かせ、不愉快にするだけですからな。そんな輩とは距離を置きたいと思うのは、人として当然のことでしょう。
スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
・バミーナームピッセード(屋台/ミスターワッタナーラーメン) 45円
・オレンジジュース100%・約200ml(露店/理容室前) 30円
・パットパックブン ガイ(レストラン/スリナムン) 105円
・ストロベリーシェイク(移動式屋台/クライシー通り) 60円
・ファラフェルピタ(屋台/カオサン通り) 87円
合計:327円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-10-07(Sat) 17:11:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。