■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク218日目
●2006年10月15日(sun)





ドラッグストアの日本人への浸透率は、どうにも高まりっぱなしな傾向にありますが、日本で外資がこの分野で成功した例は少ないんじゃないでしょうか。
ところが、バンコクでは外資系のドラッグストアチェーン店がシェアをほぼ独占しています。なかでも最近、私がよく利用しているBoots(ブーツ)、Watsons(ワトソンズ)はバンコクでもよく見かける薬局です。
Boots(ブーツ)は英国、つまりイギリス系の会社。そしてWatsons(ワトソンズ)は香港系の会社。どちらもタイ王国からすれば、外資ですな。
前者、英国中心のブーツは数年前に三菱商事が仕掛け人となって、銀座に店舗を展開しましたが、あえなく撤退。銀座のドラッグストアとしていま思い当たるのは、もはやマツモトキヨシでしょうな。
後者、ワトソンズは、香港を中心に中国、マカオ、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、韓国などに店舗をもつアジア最大のドラッグストアチェーン。またこのほかに、トルコやエストニア、スロベニアなどのヨーロッパ諸国にも展開を進めており、2006年、世界に1,300を超える店舗をもっているんです。
で、日本のドラッグストアとどう違うかといえば、整然としてややハイソな雰囲気と、ぱっと見、化粧品屋さんじゃないかと思うような品揃えであること、でしょうか。それと、ちょっとしたお菓子と缶とペットボトル飲料があるし、ワトソンズではお酒も扱ってるのを見ました。むろん、医薬品も扱ってはいますがね。
男性諸君がお世話になるとすれば、ひげそり、酒、チップ類、そしてコカコーラ。このあたりでしょう。あと、胃腸薬かな。
お値段はディスカウント価格。場所はBTSやMRT周辺の繁華街や、主要なショッピングモール内。どこにでもあるが郊外にはないので、日本のマツモトキヨシそのものだと思っていいでしょう。日本によくある郊外型のドラッグストアとは、大きく異なるというわけです。
バンコクのドラッグストアは、あまり庶民的ではなく、お金持ちがお上品にお買物をする、といったちょっと気取ってお高くとまった風の店構えであることは間違いない。静かだし、やたらとレジに人が並んでいたり、割り込んだり、ポイントカードを躍起になって提示する、なんて人もいませんからな。
静かにお買物をお愉しみください。そんな店内アナウンスでも聞こえてきそうなくらい。平和なもんです。
スポンサード リンク
■本日の支出(タイの物価)
・牛肉の中華炒め(食堂/プラスメン通り) 90円
・オレンジジュース(屋台/タニ通り) 30円
・Schweppes レモンソーダ(ブーツ/チャクラポン通り) 42円
・プルーンヨーグルト(タンファセン/チャクラポン通り) 30円
・ローラーコースターポテトリング(ワトソンズ/カオサン通り) 90円
合計:282円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-10-16(Mon) 13:04:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。