■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク219日目
●2006年10月16日(mon)





私の望みどおり、前節バルセロナはセビージャ(セビリア)に3-1で快勝。
つまらん放映権争いで、この試合が全世界で見られなかったのは前の記事でご報告したとおりです。おなじようなことがあったとすれば、今期のリーガエスパニョーラをめぐって不幸が起きた日本。
リーガの放映権をこのところ独占しているワウワウ(WOWOW)──カタカナと英小文字で書くと間抜けに見えますなあ──が、今シーズンの第一節の放送ができなかったのも、放映権の交渉でリーガ側と折り合いをつけられなかったためで、リーガファンから大反発を受けていました。
とくにWOWOW加入者は、WOWOWでリーガを見られるかどうか、非常に不透明な状況の中で受信契約の解消と継続の二択を迫られていたわけですから、不満や毒が噴出するのは必然だったといえるでしょうな。というのも、WOWOW側の説明は「現在交渉中」の一点張りだったんですから。
ひどい話です。こんな公益をどがえしした利権争いは「視聴者優先」をテーマに話し合えば、解決はたやすいというのに、まったく大人気ないというより他ありませんな。
交渉する両者が、互いの利益を追求しようとすればするほど、どちらか(もしくは両者が)融通しなければならないわけで、すぐ妥協を受け容れるとその後の交渉にも響く。だから、簡単には同意しない。それで、往々にして交渉というものは長引くんです。
しかも、自分の利益を追求する姿勢は、利己的で相手の共感を呼びません。ただし、善意の第三者ともいえる「視聴者」の利益を建前に、これを守ろうとする向きであれば、交渉にも使えそうです。
また、それが実際に守られるならば、視聴者にとっても快適なサッカー観戦ライフが送れるというもの。
ま、こんなややこしい話をするまでもなく、視聴者の期待に応えるのが、メディアの使命です。企業主義者には、自分の置かれた立場ってもんが見えなくなっちまうんでしょう。企業の歯車の中で、大事なも見失うとはよくいったもの。
さて、こんな恵まれない状況の中で、この日私は幸いビジャレアルとエスパニョールとの試合を見ることができました。正午に放送が始まるというので、早起きしたのはいいが、ちょっと早すぎて開始前にうっかり、寝ちまうところでしたが。
私のお気に入りはビジャレアル。ソリンの抜けた穴を埋め切れていないのか、今シーズンの不調は聞き及んでいましたから、チーム状態を見ておきたかったんですな。実際、私の目にも攻撃がかみ合っていないように見受けられましてね。ただ守備はこの試合0点で抑えた実績からしても、そこそこうまくいっていた。
それはともかく、面白かったのが試合終了間際に決まったエスパニョールの幻のゴール。コーナーキックがファーサイドに流れて、見事なヘディングシュートで得点した、と誰もが思ったシーンでした。
しかし、エスパニョールの選手がひととおり喜び終えたところで、ゴールは認められないとの、主審の驚きのジャッジメントがありましてね。
なにが起きたんだか──アナウンサーも映像を提供するリーガ側もわからなかったんでしょう。的外れなコメントとリプレイが流れる中で、私は理解しました。
こうです。コーナースポットから蹴られたボールがヘディングシュートされる前に、ゴールラインを割っていた。それで、副審がゴールキックをアピールしたにもかかわらず、それをしばらく主審も気づかなかったんです。それで、鈍い主審がようやく気づいたんでしょう。ビジャレアルのゴールキックから試合は再開された。
あの副審、立派に仕事をやりとげましたよ。しかし、誤審だなんてあとでエスパニョールのファンにタコ殴りにされてなきゃいいんですが。ま、この場合事実が隠蔽された方が、彼にとっちゃいいのかもしれませんがね。
結果はこのジャッジのおかげで0-0。不調のビジャレアルは最後の最後で救われた、とこういうわけなんです。
スポンサード リンク
■本日の支出(タイの物価)
・バミーナームピッセード(屋台/ラムブトリー通り) 45円
・オレンジジュース(屋台/ラムブトリー通り) 30円
・チャン小瓶、パットキーマオ、カオ×2(スリナムン/ラムブトリー通り) 330円
合計:405円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-10-17(Tue) 23:59:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。