■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク238日目
●2006年11月7日(tue)





大変なことになりました。オーナーがゲストハウスのバカでかいテレビを、自分のこれまた馬鹿みたいにデカい車の荷台にのせて、どこかへいってしまったんです。
それに、客室をひとつつぶして物置にしていた部屋にあったガラクタ一式と、ケーブルテレビのチューナー、オーディオ機器一式とゲストハウスのリビング用の、あまったタイルもオマケに積んでいきました。
こうなるといよいよ撤収の準備かと思うでしょうが、レストランの椅子と机、その他の備品は置いたまま。それで、翌日またきたと思ったら、まだパートナーを探しているという。じゃあなんでテレビを持ち出しちまったんだと尋ねると、宿泊客が使うのが気に入らないという。わけが分かりませんよ。
ところで、ゲストハウスのオーナー「ギリ」は、もう家賃を中国人に払っていないんでしょう。何日か前に、レセプションの担当者が英語もままならないタイ人のおばさんに変わっちまった、なんて書いたでしょう。そのおばさんはゲストハウスの建物内に住んでいて、他の下宿人のタイ人とは違って身なりも身の回りの備品も贅沢そのもの。只者じゃないと思っていたんですが、最近になっておばさんの夫とおぼしき初老の中国人がゲストハウスに顔を出すようになっていた。
それで、わたしがぴんときた通り、彼がゲストハウスの土地建物を所有する実質のオーナーだったんですな。雰囲気があまりにタイの庶民的過ぎて、気がつくのに時間がかかってしまいましたよ。
それまでほとんど見かけなかったのは、扶養家族が多いせいなんでしょう。おそらく、彼のかみさん同等の生活はタイ人にとって夢であって、それを実現させてくれる資産家は、貴重な存在なんです。
彼のかみさんが受付嬢を勤めるようになったからには、いま、実質の経営権は中国人のおっさんにある。私をはじめとする宿泊客は、まだ追い出されていませんから、我々の支払いは中国人の懐に納まる、そういうことです。
こうなると、ゴリ、いやギリは中国人との契約をいったん破棄されたと考えられる。それで、改めてゲストハウス業をおっぱじめるには、改めてデポジット(敷金)を支払わざるをえなくなったとすれば、ギリがウソつきでないことを前提に考えたとして筋が通る。
ま、ただ収入と支出のバランスは見透かされてますから、中国人への賃貸料を支出と収入のバランスを考えずに75万円にしてしまった。
これだけの金額を毎月中国人に支払うことを了承すれば、なんのために働いているのかわからなくなりますよ。ただ、チャイニーズへの支払い義務を遂行するためだけに出資するなんてバカげてます。
こんな状況の中、ゲストハウスで目に付くことといえば、ハイシーズンに向けて働き手のいないマッサージ店の店舗スペースを改修し、客室を一部屋確保する工事がはじまったり、相変わらずインターネットは使えないままだったり、レストランは休業で暗がりになってたり。
あまりいい話題はありませんが、なぜか旅行代理店は機能していて忙しい。なぜか私も手伝いに借り出されたりして。ちょうどゲストハウスの移り変わりや情勢をうかがうのに、入口にあるツーリストインフォメーションのカウンターはうってつけでしてね。具合がいいもんでね。
スポンサード リンク
■本日の支出(タイの物価・バンコクの物価)
・ベジタリアンフード(スリナムン/ラムブトリー通り) 90円
・オレンジジュース(屋台/ラムブトリー通り) 30円
・鶏肉とバジルの炒め物かけご飯(屋台/ラムブトリー通り) 75円
・アイスココア×3(屋台/ラムブトリー通り) 135円
・カオパットヤーム(スリナムン/ラムブトリー通り) 90円
・インターネットカフェ(30分/チャクラポン通り) 0円
・コカコーラ(セブンイレブン/カオサン通り) 30円
・バナナ蒸しパンとヨーグルト飲料(セブンイレブン/カオサン通り) 45円
合計:495円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-11-08(Wed) 23:03:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。