■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
97日目
●2006年4月28日(fri)


この日は歩くバンコクの手伝いで、スカイトレインBTSのラチャダムリ駅周辺地図を調査。このエリアは高級マンションと一流企業のオフィスビル、広大な敷地のアメリカ大使館、それらに出入りする人向けのレストランやバーばかり。バンコクの色々な地区を見て回ったがそれほど離れていない区域ごとに特色が大きく異なる都市は日本では考えられない。それだけ外資や外国人を受け容れる寛容さがバンコクにはあるということだろう。
そんな都会的なエリアにもタイ庶民が生活しているわけで、彼ら向けの食堂と外人向けのレストランとの価格差は10倍以上。お互いの様子を見ていると貧富の差を意識しているという風には見えない。平気で互いにそれぞれの垣根を分別を持って越えていき、それを特別だと思わないのだ。タイ人が日本のいじめを理解できないのと関係がありそうなそんなタイ人の根本的な気質が好きだ。

スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食 30円
[住]ゲストハウスのシングルルーム 690円
[外]屋台の朝食 90円
[食]露店のオレンジジュース 30円
[交]バスの利用3回 90円
[趣]プールの利用1回 180円
[食]露店のお菓子 30円
[食]商店のミネラルウォーター 30円
[外]レストランの夕食 180円
[食]コンビニの清涼飲料水 33円
合計:1,620円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-04-29(Sat) 23:41:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。