■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク254日目
●2006年11月23日(thu)





「バンコク・消費生活事情。」だなんて。ああ、我ながらちっぽけな名前をくっつけちまったもんです。
どうせなら、もっと大げさに、壮大に、意味不明にやらかしたかったな、というのがいまの私の気持ち。たとえば、「タイでいちばんのタマサート大学へ留学!」したいなぁと思う人向けのカオサン通り攻略法。とか、「タイで起業!もしくはバンコクで起業!」したいなぁと思う人向けの日本人投資家・紆余曲折。とか、「日本をぶっ叩く!フロムタイバンコク」とか。「バンコクから日本のサラリーマンに告ぐ!」とか。
ま、どれも本気じゃありませんけれども。ちなみに、タマサート大学はカオサン通りに近いことは既述です。ただし、タイで一番頭のいい学生の通う大学かといわれると、ちょっと怪しげなんですよ。ラチャパット大学だという人、むろんタマサート大学であると憤慨する人、チュラロンコン大学はバンコク最大の街サイアムにあるし頭もいいんだからこれが一番だろうと言い張る人。「タイの大学もいろいろ」なんですから。
おそらく、日本のように「東大だろうよ」といえるほど突出した大学がないからなんでしょう。どこも立派で得意分野も別々。場所もいろいろ。在学生からすれば「ウチが一番だ」というのも分かる。そのへんは日本の大学生よりもタイの学生の方がはっきりしている。
また、タイ人と日本人との頭の違いは学生だけに見られるものではありません。社会人だってそうです。さえないお店の店番の仕事は、極端な話、国王の側近のお仕事と比較すればまったくに取るに足りない、重要性の低いお仕事です。
タイ人はそれをよく分かっているから、前者に従事する人が「あれま。床に寝てテレビなんぞ見ちゃってるよ」なんて日本人に思われるような仕事ぶりを平気でする。
しかし、仕事に大儀があればタイ人は一生懸命やります。その仕事に、とっても大事な意義や責務があるとなれば。
一方の日本はどうです? こんな理屈は通らないでしょう。どんなに空しい仕事でも、仕事は仕事。一生懸命真面目に取り組まなきゃいけない。これが普通の理屈なんですからな。
しかしね、自然な人間の気持ちや仕事に対する意気込みを考えれば、仕事のもつ重要性や意味は大きいですよ。「あ、これは今までの自分の権限を越えた任務だ」とか「これに失敗するとどえらいことになるぞ」とか「我が校の名誉にかかわる任務だ」とか、重責を感じれば感じられるほど、モチベーションはあがる。しかし、そうでなければこの仕事のどこに全身全霊を込める必要があるのか? なんて疑問に思いますよねえ。
それでも、日本じゃ「しっかり真面目にやってね」なんていわれてしまう。仕事の意義と求められる姿勢とのバランスを著しく欠いている、なんてのばかりでしょ。
日本は国土に自然と絶景をもちながら、日本は社会にとことんの不自然をたたえて漂っている島国だなあ、なんてね。
いいですか。それが「悪い」といってるんじゃありませんよ。「違う」といってるんだから。あ、ただ──「嫌い」ではあるな。
スポンサード リンク
■本日の支出(タイの物価・バンコクの物価)
・バミーナームピッセード(屋台/ラムブトリー通り) 45円
・オレンジジュース(屋台/ラムブトリー通り) 30円
・カオサン通り→クロントゥーイ市場(バス) 24円
・クロントゥーイ市場→匿名希望(メータータクシー) 105円
・ミネラルウォーター(セブンイレブン/ラマ四世通り) 21円
・匿名希望→中華街(バス) 24円
・中華街→カオサン通り(バス) 24円
・パットパックブンガイ(屋台/ラムブトリー通り) 75円
・マナオソーダ(ブーツ/チャクラポン通り) 42円
・カオマンガイと米麺(屋台/チャクラポン通り) 165円
合計:555円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-11-24(Fri) 21:06:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。