■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
105日目
●2006年5月6日(sat)


6時起床。マレーシアと日本との時差は-1時間。日本10時の時マレーシア9時というわけだ。しかし既にこの日の列車の国籍はタイ。日本10時の時タイ8時ということになっている。何だかややこしい話だがつまり日本時間の8時に起床したことになる。
その頃、行きの電車より1時間ほど早く物売り、拡声器でゴミを集める鉄道警察官、窓の外にゴミを投げ捨てるタイ人などで小うるさくなっていた(私は愛するタイの国益を考えて振り上げた右手に握ったゴミを控えめにゴミ箱へ投入した)。風景は前日、暗くなる前とほぼ変わらず。ただ田んぼが多く見られるようになった。到着間近になるとようやく文明社会の風景が続くようになり、「おお、ここはいつもバスで通る大通りだ」などと言いながら内心ほっとしていた。
帰りは例の事故や、荷物が見当たらないなどの困ったハプニングは当然ナッシングのまま定刻通りバンコクのファランポーン駅に到着。
早速カオサン通りに取って返し(と言ってものんびりバスで向かったのだが)、食事をし、定宿でチェックインを歓迎され、馴染みのバーに洗濯物のジーンズを預け、余ったリンギ(リンギット、マレーシアドルとも言うらしい)をタイバーツに両替し、日本行きの航空券を手に入れた。
タイのビザを取ることができたので次の帰国日、次のタイ入国日が決まり航空券の手配や日本滞在中の計画をようやく立てられたというわけだ。
次回帰国の期間は約2ヶ月弱。パスポートの更新、タイビザの取得、ボニーピンクの全国ツアー制覇など決まっている事は多い。
帰国して思うのは(こっちの"帰国"はタイを指している)、やっぱり食べ物がうまい。日本食と中華に並ぶ旨さのタイ料理で一番好きなナムトックをこの日の夕飯に堪能してそう思った。値段を考慮するとひょっとして世界一かもしれない。

スポンサード リンク
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[食]車内販売の朝食 45円
[交]バスの利用1回 21円
[外]屋台の昼食 90円
[食]スーパーのミネラルウォーター12本 171円
[住]ゲストハウスのシングルルーム 690円
[他]ゲストハウスの荷預け5日間 75円
[交]旅行代理店の航空券(バンコク⇔成田) 51,150円
[食]露店のフルーツシェイク 60円
[外]屋台の夕食 120円
[食]露店のオレンジジュース 30円
合計:52,452円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-05-07(Sun) 21:51:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。