■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
141日目
●2006年6月11日(日)





アイスクリームと聞いて思い浮かべるのは人それぞれですが、バンコクの人間にとっては共通のものがあるんです。
それはWall'sとNestle。スーパーとコンビニには2種類しかないし、お決まりの音楽を流しながら自転車で売り歩くのもこの二大メーカーの売り子のみ。ココナッツアイスの移動販売なんてのもありますが、あれは正統派のアイスクリームとはいえない。なにしろ、植物ですからな。
私が目をつけたのはこの二つのうちのひとつ、Wall'sなんです。以前宿泊していたゲストハウスで昼まで寝過ごしていると決まって聞こえてきたのが、Wall'sのテーマ曲。私はこれが大好きでしてね。身支度をして外に出ていく頃には、決まってどこか遠くへアイスはいってしまう。そんなわけで、音楽にさそわれてアイスクリームを買ったことは一度もなかった。これでも私は企業の販売戦略ってもんには強い警戒感を抱いているもんだから、そう簡単には自分の懐を痛めたりはしなんです。
ところがある日、スーパーで何気なくクーラーボックスの近くを通りがかったとき、Wall'sのロゴを目にしたとたん、条件反射的に例のテーマ曲をうっかり口ずさんでしまった。それで、たまたまチョコレートを食べたかったものだから、実においしそうなチョコアイスを、ついつい衝動的に買ってしまったんです。自制心と忍耐力にかけては、一流とうたわれるこの私がですよ。信じられますか。
ところがどうしたわけか、食べてみると皮の中から出てきたチョココーンアイスは贅沢そのもの。濃厚でチョコがたっぷり使われている、それでいて味が下品に仕上がっていたりはしない。要するに既製品にありがちな安っぽさが驚くほど感じられないんです。それで価格が60円なんだから文句のつけようもありませんよ。日本では2倍の120円出してもこのクオリティに巡り合えたことはなかった。おや、ちょっと我ながら低俗な揶揄でしたかな。
スポンサード リンク
私が撮ったタイ・バンコク・カオサンの写真はこちらこちら
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]レストランの朝食(大戸屋) 978円
[交]バスの利用2回 45円
[外]屋台の夕食 90円
[食]セブンイレブンのアイス 24円
合計:1,137円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-06-12(Mon) 16:12:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。