■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク155日目
●2006年6月25日(sun)





ポルトガルとオランダの試合、見たかったんですがどうにも眠たくてつい、寝ちまいましてね。仮眠のつもりで寝て起きたのが試合終了後。
昨日の疲れがあったから、そんなわけでバルセロナに所属するデコやファンブロンクホルストの活躍についてコメントできないのは非常に残念でなりません。そんなわけで、湯水のように次から次へと毎日沸いて出ていた面白ネタが、今日はまったくない。
そこで、今日は私のゲストハウスの話をしようと思います。度々話題にはしていましたが、ゲストハウスの名前であるとか、料金体系であるとか、そういった詳細情報については一切触れていなかった。というのも、せっかくの集中できる静かな環境を台無しにされたくないと、こう物書きなら誰もが考える自己防衛本能というやつが発動しましてね。それであえて明言を避けていた、とこういうわけなんです。
私の根城としているゲストハウスはカオサン通りに近い、ワットチャナソンクラームという名のお寺脇にあるSitdhi Guest House。何と発音するのかは分かりません。あえて知らぬフリをしているんじゃないかって? ひどい。濡れ衣です。もっとも、スペルからあまり品のよい音になるとは思えないが。
料金:サマーキャンペーンで割引中。シングル120バーツ?、ダブル200バーツ?(キーデポジット100バーツ。これはゲストハウスではよくあること。チェックアウトまで鍵が無事なら返金されます。)。エアコンルームはありません。
部屋:ファン(扇風機か天井のファン)付きの部屋のみ。部屋にあるのはこのほかにベッド、枕、電灯、電源プラグ、窓のみ。ブランケットは無料で借りられます。タオルをはじめとするアメニティは一切なし。非常にシンプルでしょう。
私が宿泊しているのは150バーツのシングルルームで日当たりのよい明るい小部屋です。シャワーとトイレは別、つまり共同トイレとシャワー。シングルダブルとも、シャワートイレつきの部屋もあります。どちらもお湯が出ます。
その他:PS2プレイステーションは撤去されました。インターネットは時間無制限で10バーツ。ただし日本語入力はできません。ランドリーサービスが同じ建物内にあり、レストランは受付前に併設、24時間営業です。ビリヤードのプールバー一台。使ったことがないんで、有料かどうかは知りません。多分無料なんじゃないかな。
あと特筆すべきなのが、巨大テレビの存在。このゲストハウスの象徴といってもいい。大画面で見るワールドカップの試合は格別です。なにしろ、首を左右に振りながら観戦しなきゃならないほどデカいんですから、そりゃもうスタジアムさながらの大迫力。しかもラウンジのみクーラーが利いているから快適です。
あとはこれまたカオサン通りのゲストハウスではよくあることですが、ツーリストインフォメーション(旅行代理店)も併設しています。英語を話せる人はぜひどうぞ。朝食はゲストのみ50バーツでトースト、卵、飲み物をオーダーできます。
夜のラウンジは数名のタイ人学生が遊びにきますが、かわいいもんで無害です。私はたまにひまわりの種などつまみにもらいながら、彼らと一緒にワールドカップを時々観戦するんですよ。気のいい連中です。
環境:周辺環境ですが、騒音はほとんどなく静かで、たまにSitdhi Guest House名物の断水と停電があります。24時間誰でも気軽に出入りできますが他のゲストハウス同様、それでも警察署が近く治安上問題はありません。
評価:私はネット時間無制限かつ無料の条件でオーナーと契約を締結しているから大きなメリットがありますが、他の旅行者にこのゲストハウスのメリットがあるかといえば、とくにないでしょうな。
よって、おすすめしません。なに、他意があるんじゃないかって? そんな、ひどい。私がタイに住んでいるからって、そういう言い草はないでしょうが。
スポンサード リンク
私が撮ったタイ・バンコク・カオサンの写真はこちらこちら
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食 90円
[食]スーパータンファセンのミネラルウォーター12本 171円
[食]露店のオレンジジュース 30円
[交]タクシーの利用1回 150円
[外]屋台の夕食 105円
合計:546円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-06-26(Mon) 18:05:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。