■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク157日目
●2006年6月27日(tue)





昨日のワールドカップ決勝トーナメント1回戦は、ガーナとフランスが予想を覆す驚きのパフォーマンスを見せてくれましたが、それはさておき。
セブンイレブンは買いたいものを、かんたんに手に入れることのできる、私が日本より便利に利用している店のひとつ。行きつけのカオサン通り沿いにある店、そこで出会った魅力的な日本人女性との熱い視線の交換、あれにはしびれました──その後どうなったかって? ああ、ここで話そうとしていたこととは違った。私が話題にしようとしたのは、そこで起きたある事件のことなんです。
いつものように、タイ人にしちゃ珍しく、チェーン店にしちゃ常なこと。無愛想な店員から受取ったつり銭を、うっかり処理し損ねちまったんですよ。ハリウッド映画の主人公よろしくワイルドに小銭をポケットに突っ込もうとした(私は財布などという俗物はもちあわせていないから)ところ、ばつのわるいことに、1バーツ硬貨を落としてしまった。
その硬貨が実に面白い動きをしましてね。縦に落ちたかと思うとコロコロとよく転がって、レジの前を通り過ぎ、自動ドアがちょうど開いているタイミングで外へ出て、なんと、店の前で偶然にも物乞いをしていたタイ人男性が座る足元でぴたりととまったんです。
私は必死に追いかけたんですが、男性が戸惑って拾わずにいる姿を見たとたん、これは彼に起きた幸運だと断念しましてね。それで、彼の笑顔とひきかえにその1バーツをささげたとこういうわけなんです。
私がメガネをなくしたとき(実はこれが見つかったんですよ)にもおなじことをいいましたが、人も車も多いバンコクで何かをなくして、それを見つけようとするのは無理がある、そんなふうにタイ人は考えるんですな。また、なくしたものを誰かが見つけて、それが売り払われようとも仕方ないじゃないか、そんなふうにも考える。
後者はどうかと思いますが、前者はそういわれてみればそうだと冷静な大人なら良識をもって納得できる話ですし、なんともあっさり、さっぱりした考え方じゃないですか。しつこく忘れ物を探し出そうとする粘着質な日本人の真逆といってもいい。それに悩み事がなさそうな人が日本より多いんですよ、タイって。先の例をとっても、物に執着してこだわればこだわるほど、見つからなかったとき悩ましく感じてしまう。
私はメガネの一件、もう見つからないと思ったときにそれを悟ったんですがね。ただし、見つかったと聞いたときの私の喜びようといったら、そりゃあもう予備のメガネをなくすほどの勢いだった。幸い、そのことに気づいてすぐやめましたが。真の喜びとは一瞬で冷めるもの。はしゃぎすぎ、なんてまさか、私に限ってそりゃありえません。
スポンサード リンク
私が撮ったタイ・バンコク・カオサンの写真はこちらこちら
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食(ミスターワッタナーラーメン大盛) 45円
[食]露店のオレンジジュース 30円
[外]屋台の昼食 75円
[食]露店のパイナップル 30円
[食]露店の夕食 90円
[食]セブンイレブンのスナック 30円
合計:300円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-06-28(Wed) 23:08:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。