■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク160日目
●2006年6月30日(fri)





フランスとドイツ、イタリア、ブラジル。ワールドカップ準々決勝まで到達したこれらのチームに共通していえることがあるならば、それは「優勝経験」。
おなじくその共通点をもつアルゼンチンは、地元ドイツにまさかの敗退。私は決勝トーナメントから守りを重視した戦いが目立つようになったアルゼンチンの、敵チームに対する脅威だった攻撃が、迫力と輝きを失っているのを非常に残念に思っていたんです。
ただ、決勝トーナメントは負けたら終わりの世界。先手を取られれば不利になるから、守備的に戦うのは常套手段。しかし、アルゼンチンはドイツ戦で見せたディフェンシブな戦いの色を、先取点を取った後でさらに濃くしていった。フォワードの選手がいい守りを見せていたことと、守りの意識がチーム全体に行き渡っていたことから、攻撃のときの人数が足りなくなって、魅力の波状攻撃は一切見られなかった。
武器だった攻撃を自ら封印し、最後には敗退する結果になってしまったのは非常に残念で悔いが残ります。後味が実に悪い。
それと、1点取ったあとからアルゼンチンの選手に落ち着きがなくなっていたのもポイントでした。準決勝進出を意識するあまり、冷静にボールを回せなくなり、パスミスが目立つようになっていたんです。ワールドカップ決勝トーナメントの舞台というのは、名選手でさえ持て余すほどの大きな重圧になるんですな。
その重圧に負けたアルゼンチンが、PK合戦というさらなるプレッシャーに耐えかねて負けたのは、当然の結果であるといえます。ドイツは大勢のファンの後押しに応え、ゲルマン魂を見せた。実に堂々たる戦いぶり。立派でした。
最後に、最初に挙げた意外にも勝ち進んでいるチームは予選では優勝を感じさせるパフォーマンスを見せていなかったことに注目です。とくに、調子のいい選手が何人も揃っていたイタリア。このチームには驚きました。優勝を狙って調整している一流チームというのは、決勝戦までを通じたプランの中の準決勝を戦っていることのいい例だといえます。
体調のピークを決勝戦に合わせて行っているとすれば、最初に挙げたチームはその経験から次第に、選手の状態を上向きにしてくるでしょう。そして今まで見せなかった戦術や作戦を披露してくるに違いありません。
いやー、ますますワールドカップ決勝トーナメントから、目が離せなくなりました。
スポンサード リンク
私が撮ったタイ・バンコク・カオサンの写真はこちらこちら
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食(ミスターワッタナーラーメン大盛) 45円
[食]露店のオレンジジュース 30円
[外]屋台の昼食 90円
セブンイレブンのアイスクリーム(チョコレート) 60円
屋台の夕食 45円
セブンイレブンのスナック 30円
セブンイレブンのリプトンレモンティ(缶) 36円
合計:336円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-07-01(Sat) 22:06:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。