■プロフィール
   スポンサードリンク
hydet hydet
30歳男性
作家、ライター、トレーダー
血液型:O
身長:173cm
体重:55kg
居住地:バンコク(埼玉県出身)
●習い事:タイ語、英語
●趣味:読書、水泳、サッカー、贅沢
●最近の大きな買物:コンサートチケット5万
●人よりお金をかけている物:音楽
●最近面白かった本:イリュージョン
●最近面白かった映画:パイレーツオブカリビアン2
●最近面白かったスポット・イベント:サイアムパラゴン・ソンクラン
●主な行動範囲:カオサンロード
歩くバンコクに2006-2007最新版登場!
歩くバンコク
↑カオサン通り、バンコクの地図
■スポンサードリンク
■検索
Google
Web このブログ内



IE以外ではこのボタンでお気に入りに追加できないので自分で追加してください。
■過去の記事
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■読者のメッセージ
■相互リンク
■メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
バンコク175日目
●2006年7月15日(sat)





日本の三連休を利用して、日本への帰国に向けた準備を始めました。
なぜ日本の「海の日」がバンコクにいる私に関係するか、疑問に思う人もいるでしょうが、日経平均が株価に連動するように、私も株式市場のお休みに連動して休むんです。
日本に帰るのに、どんな準備がいるのか、一般的な人の場合でいうと航空券の手配、そして帰りの荷物のとりまとめ、こんなところでしょう。
しかし、私の場合、とある女性アーティストの全国ライブツアーに連動して、日本各地をまわることになっている。帰国してから、わざわざ慌てるなんてヘマはしたくないじゃないですか。それで、事前に準備をしているわけなんです。
その話を友人ヤス(あいにくもう帰国してしまいましたが)にしたところ、日本にもゲストハウスがあるというじゃないですか。
ゲストハウスというのは、いわば簡易宿。寝室だけの部屋と、共用のシャワートイレ、寝室の掃除とシーツなどの取替えは、スタッフがしてくれるのが一般的で、主に旅行者が利用します。アメニティはなし。だから料金は低く設定されている。
これは世界共通のゲストハウスの定義で、日本のゲストハウスにもこれがあてはまります。しかし最近、こんなものが登場しました。
企業の社員寮や一般の民家を転用し個室もしくは共同部屋を賃貸物件として提供。食堂、キッチン、トイレ、風呂、洗濯機などを共同で使用。入居時から予めベッドやエアコンなど最低限の生活設備が備えられており、テレビや冷蔵庫付の物件もある。清掃は管理人が行う物件、住人が当番制で行う物件まちまち。
敷金・礼金は不要。デポジットと呼ばれる保証金を支払う。これは基本的に退去時に返却される。契約更新は1ヶ月単位が主流。住人は毎月、次の1ヶ月分の料金を支払う。光熱費は家賃に含まれている物件、一定金額で毎月別途請求される物件、入居者の頭数で割って毎月実費を請求される物件などまちまち。

ゲストハウス(日本では外人ハウスとも呼ばれるらしいが)という言葉がまさか賃貸物件の一形態として使われるようになっているとは、驚きです。
また、さらに驚いたのは太字で示した新種のゲストハウスとは別の、本来の旅行者向けゲストハウスに若者たちが定住し始めているということです。
そんな、アメージングジャパンの話はさておき、私が目をつけたのは本来の意味であるところのゲストハウス。つまり、日本にある旅行者用の1日から泊まれる宿泊施設です。
京都のゲストハウスはいいですね!昔ながらの町屋の姿をそのまま残した畳部屋のゲストハウスが何件もあるんですから。これなら日本風情の中で気楽に泊まれて、しかも安いので私の趣向にぴったり。大体相場としては1泊3,000円前後らしい。
ただ、都市(例えば大阪)によっては、せっかくの旅行気分がぶち壊されるようなところばかりのエリアもあって、質はまちまち。ただ、京都のはいい。おかげでツアー旅行で泊まる施設の選択肢が増えて、ご旅行の事前調査はご機嫌に進行中です。ヤスに感謝しなければなりませんよ、ほんとうに。
そんなわけでバンコクで、私は連休を有意義に過ごしているというわけです。
スポンサード リンク
私が撮ったタイ・バンコク・カオサンの写真はこちらこちら
   
■本日の支出(生活レベル:タイ庶民同等)
[外]屋台の朝食(ミスターワッタナーラーメン大盛) 45円
[食]屋台の夕食 90円
[食]露店のオレンジジュース 30円
[食]露店のオレンジジュース 45円
合計:210円
スポンサーサイト


未分類 | 【2006-07-16(Sun) 23:41:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。